スポンサードリンク
スポンサードリンク

ソフトバンクの携帯と骨伝導携帯

骨伝導は、耳が聞こえにくい人や、工事現場などで作業している人が携帯を利用する場合にとても便利な、方法です。携帯用の骨伝導レシーバマイクなどは、とても話題を集めている製品です。auなどでは、骨伝導スピーカー内臓の携帯電話を開発し発売しており、話題を集めています。また、ドコモでも、ワイヤレスの携帯用骨伝導レシーバマイクを発売しています。ソフトバンクは、その利用料の安さや、パケット通信料の安さ、携帯電話のデザイン性の高さから、若い人を中心に人気のある携帯電話会社ですが、このような、バリアフリーの、高齢者向け携帯や、聴覚障害者向け携帯電話の開発には少し遅れています。現段階で、ソフトバンクの携帯電話で骨伝導のレシーバマイクを利用したい場合、他社が販売している、携帯電話用の骨伝導レシーバマイクを購入して接続し、使用しなければなりません。しかし、この場合、使用しているソフトバンク携帯でも、使用可能であるかどうかを確認してから、購入するようにしてください。

スポンサードリンク

ソフトバンクの携帯電話を骨伝導スピーカーで利用

最近、骨伝導の携帯用レシーバマイクが話題を集めています。骨伝導とは、空気を振動させて鼓膜から、音を聞くのではなく、頭蓋骨を振動させることにより、音を感じるシステムです。骨伝導の方式を利用しますと、耳が不自由な人や、周りの騒音などに影響されず、携帯電話を使用することができるため、とても話題を呼んでいます。ソフトバンクの携帯で骨伝導レシーバマイクを使用する場合、最近販売されている、携帯電話用の骨伝導レシーバーマイクを接続して利用することができます。このような、骨伝導のレシーバマイクは、通信販売などでも販売されていますから、手軽に購入することができます。価格も1万円前後です。

ソフトバンクと携帯用骨伝導レシーバマイク

携帯電話に接続する骨伝導レシーバマイクが話題をよんでいます。骨伝導レシーバマイクを接続して、携帯電話を利用すると、耳の不自由な人でも、クリアな音で会話をすることができたり、周りが騒がしい場所でも大きな声で会話をする必要がないなど、とても便利な商品です。ドコモやauでは、自社携帯に接続できる骨伝導レシーバマイクを発売し、また、そのレシーバマイクはTコイルと接続可能で、補聴器にも使用できることから、聴覚に障害がある人や、お年寄りなどにとても人気があります。ソフトバンクの携帯を利用している人が骨伝導のレシーバマイクを利用したい場合、通販サイトなどで販売されている、骨伝導レシーバマイクを購入して、利用することができます。

ソフトバンクの骨伝導携帯電話