スポンサードリンク
スポンサードリンク

骨伝導のヘッドホンと音漏れの心配

最近では、通勤電車の中や、自転車、バスの中などで音楽を聴く人がたくさんいます。音楽を聴く人は、ヘッドホンを使って音楽などを聴いているのですが、大音量で聞いているのか、その音漏れにイライラしている人もたくさんいます。公共のマナーとしては、ヘッドホンからの音漏れには、注意をしたいものです。最近、話題を呼んでいる骨伝導のヘッドホンでは、音漏れの心配は無いのでしょうか。骨伝導のヘッドホンとは、従来のヘッドホンが、空気を揺らし、それを鼓膜に伝え音として聞いていたのですが、骨(頭蓋骨)に振動を伝えて、直接昇格神経を刺激して音を聞くシステムです。骨伝導ヘッドホンの音漏れは、従来のヘッドホンとは違い、そのフィット感によって違ってきます。つまり、体によくフィットしている骨伝導のヘッドホンが音漏れが少ないといえます。

スポンサードリンク

音漏れ原因は大音量による空気の振動

最近話題の、骨伝導ヘッドホンは、商品開発が進み、音漏れも最大限に軽減されるようになりました。従来のヘッドホンは、空気を震わせ、それを鼓膜に伝えて音を聞く仕組みでした。そのようなヘッドホンは、やはり大音量で聞いた場合、どうしても音漏れの心配がありました。それでは、骨伝導の音漏れはどうなっているのでしょうか。骨伝導のヘッドホンは、直接頭蓋骨を振動させて、音を聞く仕組みになっています。つまり、体にフィットしていることが、一番音漏れの心配がありません。最近の骨伝導のヘッドホンは、人体工学に基づいて設計されていますので、体によくフィットするように作られています。体にフィットしているほど、頭蓋骨を揺らしますので、大音量で聞く必要が無く、音漏れの心配も少なくなります。

骨伝導ヘッドホンの音漏れを確認する

骨伝導のヘッドホンは、鼓膜を通すことなく、音楽などを聴くことができ、とても注目を集めている商品です。しかし、電車などで音楽を聴く場合、その音漏れの状態には注意をしなければなりません。最近の骨伝導のヘッドホンは、バッド部分に、プラスティックなどの出っ張りがあり、その出た部分が、装着することにより中に押し込まれ、振動を与えます。つまり、この出っ張りが、押されていない状態ですと音が出ない構造になっています。バッド部分を持ち上げると、自然と音が出ない仕組みになっています。音漏れの確認をする場合は、バッド部分が押し込まれて状態で確認をしなければなりません。また、骨伝導のヘッドホンは、少し前のタイプですと、フィット感がよく無い場合が多く、音漏れするともいわれていますので、骨伝導のヘッドホンを購入する際は、そのフィット感に注意をして、フィット感の優れた、音漏れの少ないタイプのヘッドホンを購入してください。

骨伝導ヘッドホンの音漏れ