スポンサードリンク
スポンサードリンク

骨伝導ヘッドホンの音質と改良

骨伝導のヘッドホンは、鼓膜を通して音楽を聴くのではなく、頭蓋骨に振動を与えて音楽を聴くヘッドホンですから、難聴の人にも、クリアな音質で音楽が楽しめるとても便利なヘッドホンです。しかし、従来のヘッドホンと比較しても、その構造上、広帯域の音の再生が上手くいきませんでした。しかし、最近では、骨伝導のヘッドホンも改良され、電気信号を忠実に機械振動に変換する能力がアップし、骨伝導に必要なパワーもアップするように改良が重ねられて、クリアな音質で音楽を聴くことができるようになりました。また、骨伝導のヘッドホンは、周囲の雑音に左右されることがありませんので、聴覚に障害のある人、加齢のために聴覚器官が衰えた人でも、雑踏の中でも、高音質の音楽などを楽しむことが可能です。骨伝導のヘッドホンは、そのフィット感が、音質にとても関わってきますので、自分の頭の形にとてもフィットしている、骨伝導ヘッドホンを使うことが、高音質の音楽などを楽しむためには、必要な条件になります。最近のヘッドホンは、その構造も改良され、人体工学に基づいて設計されていますので、多くの人がフィットできるように作られており、高音質の音楽を楽しむことができるようになっています。

スポンサードリンク

骨伝導のヘッドホンとは また、その音質

骨伝導とは、普通音を聞く場合は、耳(鼓膜)を通して聞きますが、骨(頭蓋骨)に振動を与えて、直接聴覚神経に音を伝えで、聞くのが、骨伝導といわれます。最近では、ヘッドホンも、従来の耳から聞くタイプではなく、骨伝導を利用して音を聞くタイプの商品が人気を呼んでいます。骨伝導のヘッドホンは、発売当初は、その音質の再現が難しい場合があり、従来のヘッドホンに比べて音質は下がるといわれていましたが、最近では、骨伝導のヘッドホンの商品の開発が進み、基準周波数50Hzから12,000Hzの商品も発売されており、高音域が広がり、音に迫力が増しました。

骨伝導ヘッドホンの音質の発展

骨伝導のヘッドホンが最近では、とても人気が高くなり、その商品の開発も進んできました。骨伝導のヘッドホンは、その商品の性質上、周波数帯の幅が狭くなり、低音の迫力が少ないと言われていました。再現が難しいといわれていた音域がありましたが、商品開発が進み、50Hzから12,000Hzの音を再現できるようになり、低音が明確になり、高音域も広がり、ダイナミックで迫力のある音質を再現できるようになりました。また、骨伝導のヘッドホンは、耳(鼓膜)を、通すことはありませんので、軟調になるという危険性も回避でき、次世代ヘッドホンとして、最近ますます人気が出てきました。

気になる骨伝導ヘッドホンの音質