スポンサードリンク
スポンサードリンク

骨伝導補聴器の価格が高いわけ

最近では、補聴器も骨伝導のシステムを利用した補聴器がたくさん販売されています。日本では、老舗の補聴器メーカーが開発や製造から撤退をしています。これは、従来の補聴器の価格があまりにも高額すぎたためではといわれています。補聴器の販売は、昔から販売方法が変わらず、流通費がかかるため、補聴器の価格が高額になってしまうといわれています。しかし、最近では、パイオニアやシマダ製作所などのメーカーが、補聴器の開発販売に参入してきました。骨伝導の補聴器なども、新規参入のメーカーが開発販売しています。しかし、販売方法が昔とは多少違っており、インターネットや通信販売が主流となっています。このような販売方法ですと、流通費が余りかからず、補聴器の価格も安く設定ができます。このような、新規参入メーカーやインターネットの普及によって、補聴器の販売方法が変わり、補聴器業界にも、自由競争の波がやってきました。これにより、骨伝導補聴器も、とても手軽な価格で購入することができるようになりました。

スポンサードリンク

骨伝導補聴器の価格帯

最近は、従来の補聴器より、骨伝導のシステムを使った補聴器に人気が集まっています。骨伝導とは、頭蓋骨を振動させることにより、脳に刺激を与え、音として認識させるのです。骨伝導の補聴器の場合、鼓膜を通さないので、難聴の人でも、音がクリアに聞こえます。従来の補聴器も、その価格はとても幅がありましたが、骨伝導の補聴器の価格にもとても幅があります。しかし、従来の補聴器の価格に比べて、骨伝導の補聴器の価格のほうが平均して安く購入することができます。骨伝導の補聴器で、とても人気がある補聴器の価格帯は、7万円前後の商品です。

骨伝導の補聴器の価格を比較する

補聴器を購入する場合、従来の補聴器ではなく、骨伝導の補聴器を購入することを考えている人がたくさんいます。従来の補聴器は、高価なものですと、30万円ほどかかりました。骨伝導の補聴器は、最近では、インターネットなどでも販売されており、通販で購入ができます。最近人気の高い、骨伝導補聴器には、きくちゃんシリーズがあります。この、骨伝導補聴器きくちゃんは、軽中度の難聴の方にはとても便利な補聴器で、人気の高い商品です。きくちゃんシリーズは、定価69800円ですが、インターネットの通販サイトなどでは、50000円前後で販売されています。インターネットで検索しますと、激安ショップなどもあり、もっと安く購入することも可能です。また、骨伝導の補聴器は、20,000円以下の商品もあります。

骨伝導補聴器の価格