スポンサードリンク
スポンサードリンク

骨伝導ヘッドホンの音質は?

鼓膜で音をとらえるのではなく、耳の周辺や顎の骨を振動させて音の情報を脳神経に伝える骨伝導技術を利用した骨伝導ヘッドホン。耳をふさぐことがないので、周囲の音が聞こえる、耳が疲れないという大きな特徴があります。しかし、音質はどのくらいのレベルが望めるのでしょうか?残念ながら、低音部と高音部が弱く、イヤホンでAMラジオを聴いている程度の音質と一般的には言われています。骨伝導ヘッドホンには、音質を求めるというよりも、耳を塞がないために周囲の音が聞こえるので、音楽を聴きながら安全に自転車に乗れたりジョギングができる、買い物をするときもヘッドホンを外す面倒がない、といった利点を求めて使用したほうが良さそうです。しかし、骨伝導の聞こえ方には個人差があるので、一概に、従来のヘッドホンよりも音質に劣るとは言い切れません。また、各メーカーで品質改良を施した新製品が続々と発売されていて、さらなる技術革新が望めそうです。

スポンサードリンク

骨伝導ヘッドホンは音漏れしないの?

結論から言うと、骨伝導ヘッドホンでも音漏れはします。安価な骨伝導ヘッドホンには、小さな音を出して骨伝導による聞こえを補っている製品もあるようです。そのような製品だと、骨伝導ヘッドホンは耳を塞がないオープンエアの形をしているので、音量を大きくしたときに音漏れするのも当然です。価格が高いものほど音漏れはしにくい傾向にありますが、大音量ではやはり音漏れしてしまうので、密閉型ヘッドホンには劣るようです。骨伝導技術のみを使用した製品での音漏れの原因は、骨へ伝えるべき振動が空気をも振動させてしまい、その結果音を生み出してしまう、などと言われています。電車や図書館といった音に関するマナーが必要な場所での骨伝導ヘッドホンの使用は、従来のヘッドホンと同様に音漏れへの気配りが必要でしょう。

骨伝導ヘッドホン「AUDIO BONE」

骨伝導技術を利用した製品を専門的に開発・発売しているゴールデンダンス株式会社。そのゴールデンダンスが発売している「AUDIO BONE」は、日本経済新聞などにも取り上げられ、骨伝導ヘッドホン市場で最も売れている製品のひとつです。最近では防水仕様のニューモデル「AUDIO BONE AQUA」が発売され、全8色のカラーバリエーションと、よりスタイリッシュになったフォルムが話題を呼んでいます。35gと超軽量で、汗に負けない防水ということで、ジムでのトレーニングやランニングにも最適です。気になる価格ですが、「AUDIO BONE」が14,000円程度、「AUDIO BONE AQUA」が1万円弱で購入できます。

骨伝導 ヘッドホン