スポンサードリンク
スポンサードリンク

ドコモの携帯電話用骨伝導レシーバマイクの進化

ドコモは、携帯電話用骨伝導レシーバマイク、サウンドリーフを発売していますが、そのサウンドリールをもっと進化させた、サウンドリーフプラスを発売しました。この骨伝導レシーバマイク、サウンドリーフプラスは、従来のサウンドリーフが、優先接続であったのですが、通信インターフェースBluetoothを採用して、ケーブル接続をしなくても、利用できるように開発しました。また、前機種より、骨伝導とTコイル機能の出力をアップさせて、周囲の騒音を提言する指向性マイクを搭載しています。FOMAのボイスダイアル機能を活用しています。しかし、骨伝導レシーバマイクサウンドリーフプラスは、対応機種が限られていますので、自分の使用している機種を確認してから、購入するようにしてください。このサウンドリーフプラスの本体サイズは、115ミリ×26.5ミリで、折りたたみ式になっています。総重量は45グラムと卵一個分くらいの重さになっています。

スポンサードリンク

ドコモの携帯電話用骨伝導受話器

ドコモは、オプションとして、骨伝導の平型イヤホンマイクを発売しました。ドコモの骨伝導レシーバマイクは、サウンドリーフといいます。この骨伝導レシーバマイクサウンドリーフは、携帯電話の10ピン平型イやフォンマイク端子に接続して使用できます。ドコモでは、骨伝導方式の携帯電話は、TS41がありましたが、これは、従来の携帯電話に接続して使用できる、骨伝導レシーバマイクです。サウンドリーフは、イヤフォンマイク端子を搭載している携帯電話であれば、端末として利用ができます。重さは52g、単4のアルカリ電池を2本使用します。最大連続通話時間は約25時間です。

ドコモの携帯用骨伝導レシーバマイクのメリット

ドコモでは、携帯電話用の骨伝導レシーバマイクを発売しました。この骨伝導レシーバマイク、サウンドリーフはどのようなメリットがあるのでしょうか。まず、このレシーバマイクは、骨伝導を利用していますから、周囲が騒がしい場所であっても、通話が聞こえやすくなり、周りの環境に左右されずに、携帯電話を利用することができます。また、このサウンドリーフは、骨伝導モードのほかに、テレホンコイル(Tコイル)向けのモードが装備されていますので、Tコイルつきの補聴器を利用している人にも、利用することができ、難聴の人でも、クリアな音で会話ができます。このサウンドリーフの操作は簡単で、電源のオン・オフは、フリップの開閉で行い、6デシベル単位で変化する3段階音量スイッチがついています。

ドコモの骨伝導携帯電話